AIG高校生外交官プログラム

FAQ/よくあるお問合せ

このページでは、例年お問合せの多い内容について、簡単にお答えしています。ただし、すべての募集資格や応募方法を掲載しているわけではございません。ご応募の際には、必ず「募集要項」をよく読み、内容をご確認下さい。

【上位質問ランキング】

【応募資料入手、提出方法について】

【応募資格について】

【選考について】

【上位質問ランキング】

参加費無料というのは、どの程度なのでしょうか?
渡航費、滞在費、食費、授業料等は協賛金によってまかなわれ、自己負担はありません。ただし、パスポート取得費用、お土産代、予防接種費用などのご負担は発生いたします。詳しくは募集要項にある「派遣費用」をご確認ください。
上に戻る
学校の成績がいい人/英語ができる人じゃないと応募できませんか?
学校の成績、英語資格の有無やスコアのみで合否は決まりません。プログラムに向けたご自身の目標や、挑戦の内容を重視しております。「英語力を伸ばしたい」だけでなく、「これまで頑張ってきたことのステップアップにしたい」「自分を変えたい」などの応募理由も大歓迎です!私たちは、多様な背景を持つ人々とより良い世界を実現していくグローバルリーダーの育成を目指していますので、多様な強みを持つメンバーを選抜したいと考えております。海外経験のチャンスも増えている中、あなたがHSDだからこそできる挑戦を教えてください。その熱い想いが一番大切です!
ただし、プログラム中の使用言語は英語です。英語力で苦労される参加者も少なくありません。英検準2級程度が日常会話レベルとなりますので、ご準備の目安にしていただければと思います。
上に戻る
渡米プログラム、日本プログラムの特徴は?
渡米プログラム(U.S.プログラム)は、ツアー、ホームステイを通じて米国の歴史や文化をリアルに学んだ上でエクスチェンジパートを迎えます。また3週間という長い時間をアメリカで過ごす中で、以下のような挑戦が可能です。
  • 自分の殻を破り、新しいチャンスをつかみたい
  • 「人」と深く向き合いながら、世界を知りたい
  • 夢への第一歩を踏み出したい
  • 異文化を深く知り、考えることで、自分についてもたくさんの発見をしたい

日本プログラム(Japanプログラム)は、自国・日本で「ホスト側」として主体的な国際交流が実現されます。エクスチェンジに焦点が当てられ、日本に興味関心を持った米国側参加者との深い学びと発見を体験し、友情を追求する環境で、以下のような挑戦が可能です。
  • 多様な視点で自国を見つめ直し、国際人としての教養を身につけたい
  • 大好きな日本への熱い気持ちを、同年代の米国側高校生に伝えたい
  • より深く日米の文化や人と向き合い、自分にとっての「答え」を見つけ出したい
  • 今までの経験を活かし、夢に向かって更なる一歩を踏み出したい
上に戻る
倍率はどれくらいですか
渡米・日本プログラムを合わせて約1,000〜1200通のご応募をいただいております。
上に戻る

【応募資料入手、提出方法について】

応募開始はいつからでしょうか?
プログラムご応募に関する詳細は、毎年12月初旬ごろにHPにてお知らせいたします。合わせて、全国の高等学校の学校長・英語科 国際科主任宛て募集資料を郵送いたします。HPのメールリクエストからご登録いただきますと、募集開始時にお知らせメールを配信いたしますので、ご活用ください。(※メーリングリストの登録期間は登録より1年となります。次年度のお知らせも希望される場合は、再度ご登録ください。)
上に戻る
応募できるプログラムについて教えてください。
高校生外交官プログラムは、渡米プログラム、日本プログラムの2つがあります。ご応募の際には、渡米プログラム専願、日本プログラム専願、渡米・日本プログラム併願の選択が可能です。ただしプログラムごとに応募資格が変わりますので、併願の際には両プログラムの応募資格を満たしていることを確認の上、ご応募ください。
上に戻る
応募資料はどこで入手できますか?また資料請求はできますか?
募集要項・応募用紙は「応募書類ダウンロード」からダウンロードの上、ご使用ください。募集資料の個別郵送は対応しておりません。予めご了承ください。
上に戻る
メールでの参加者申込書Excelフォームの提出は、どこ宛てですか?
応募書類提出ページ提出メールフォームより、申込書提出メールフォームより、記入後のExcelデータをアップロードし、メールを送信してください。フォームからうまく送ることができない場合は、件名に「HSD参加申込書」と記入し、hsd@highschooldiplomats.org までお送りください。
上に戻る
すべて手書きで郵送しても良いでしょうか?
いいえ。応募者データの登録ミス削減対策として、Excelファイルへの入力、提出をお願いしています。該当部分を入力後、印刷し手書き部分を記入し郵送提出が必要となります。メールでの提出と郵送提出、両方を持って応募完了となります。詳細は「応募書類ダウンロード」の「応募の手引き」を必ずご確認ください。
上に戻る
個人単位での応募も受付していますか?学校長推薦なしでも応募できますか?
いいえ。学校長のご推薦、ご承諾を必ずお取りください。また、学校ごとの提出をお願いしております。一校から1名のみの応募は可能ですが、その際には学校内で応募者が1名であることを確認し、担当の先生からメールでのExcelファイル提出と郵送提出を行ってください。
上に戻る
メール送付、または郵送した応募書類がきちんと届いたか不安です。
大変恐れ入りますが、応募書類の受け取り確認は行っておりません。必ず「書留」にてご郵送いただき、資料の到着確認は各学校で行っていただきますようお願い申し上げます。
上に戻る

【応募資格について】

高等専門学校/専修学校、またはインターナショナルスクールに在学中ですが、応募可能ですか?
はい、可能です。5、6年制の高校の場合には、高校2、3年にあたる学年の方、インターナショナルスクールなど新年度が9月に開始される学校に在籍の場合は、応募時点でG11, G12(高校2、3年)の方が対象となります。募集要項にある「応募資格」をご確認の上、ご不明点などはお問合せ下さい。
上に戻る
通信制の高校に在学中ですが、応募可能ですか?
学校の担当者様より一度お問い合わせください。スクーリングの有無や学校のシステムなどを確認の上、個別に回答させていただきます。なお、通信サポート校はご応募の対象外となります。あらかじめご了承ください。
上に戻る
日本国籍でなくても応募が可能ですか?
国籍は問いません。日本国内の高等学校等、後期中等教育を行う学校に在学中であればご応募いただけます。日本側高校生の代表として参加することが大切です。
上に戻る
学校からの応募人数が男子もしくは女子の一方が2名を越えてしまうのですが…
共学の場合、一校からのご応募は男女各2名が上限です。これは渡米プログラム専願、日本プログラム専願、渡米・日本プログラム併願、すべての応募を合わせての上限人数になります。申込みは学校単位で行いますので、校内に定数以上の希望者がいる場合は、学校内での選抜をお願いしております。詳しくは募集要項にある「参加資格」「応募方法」をよくご確認ください。
上に戻る
併願応募の場合、希望は出せますか?また、いつどちらのプログラムになるか決まりますか?
いいえ、希望を出すことはできません。併願応募者の皆様に関しては、二次選考後に総合的に判断し、どちらのプログラムに参加いただくかは合格通知書でお知らせいたします。
上に戻る
専願よりも併願の方が合格しやすいのでしょうか?もしくは専願応募の方が併願応募の方より、希望するプログラムの志望度が高いと評価されてしまうのでしょうか?
いいえ。併願と専願の違い等、応募プログラムによる選考内容への影響は一切ございません。いずれの応募方法でも総合的な判断の上、参加者を選出いたします。
上に戻る
学校生活での遅刻、早退、欠席数は合否に関わりますか?
合格された皆様には、全プログラム期間を通じて「健康管理」「時間管理」をお願いしております。健康・時間管理の実績として、日々の学校生活を参考にしております。年間で遅刻欠席早退を合わせて5日程度を目安として判断しておりますが、怪我や急性のご病気、留学など諸事情があるかと思います。ご理由を確認しておりますので、参加申込書該当欄に必ずご明記をお願いいたします。
上に戻る

【選考について】

併願の場合、どの時点で参加プログラムが決まるのですか?
一次選考の結果は全て学校宛(学校長宛)に通知しています。学校の先生に確認してください。但し、一次選考を通過した方には個別に二次選考のご案内をしています。
上に戻る
通知期限は過ぎているのに、一次選考結果が自宅に届きません。
一次選考の結果は学校宛(学校長宛)に通知しています。学校の先生に確認し、もし届いてない場合には学校の先生より事務局へご連絡ください。また、一次選考通過者にのみ、個別にご自宅へ二次選考のご案内をしています。
上に戻る
二次選考の日程に参加できないのですが、代替措置はありますか?
いかなる理由でも選考当日に出席できない場合は不合格となります。選考日は複数候補日からいずれか1日にご参加頂きますが、選考手順上、日程のご希望は承れません。指定された選考日にご参加頂くようお願いします。
上に戻る
合格決定後、学校行事が決まり事前合宿に参加できなくなりました。
事前合宿及びプログラム期間中、集合から解散までの全日程の参加が応募条件となっております。申込時点で学校長からのご推薦をいただくことになりますので、必ずご確認の上ご応募ください。やむを得ない事情により参加が難しくなった場合には、早急に事務局へご連絡ください。
上に戻る
上に戻る

FAQ・お問合せ・メール登録

プログラム参加費用は無料!あなたを飛躍させる”高校生外交官”プログラム
メールリクエスト登録・お問合せ

【主催】
AIG高校生外交官プログラム実行委員会
【協賛】
AIG損害保険株式会社・フリーマン財団
【協力】
The National Association of Japan-America Societies
【推薦】
全国高等学校長協会・日本私立中学高等学校連合会
【後援】
文部科学省(第32回AIG高校生外交官渡米プログラム、第25回AIG高校生外交官日本プログラム)・米国大使館・(一社)全国高等学校PTA連合会・日本私立小学校中学校高等学校保護者会連合会・全国英語教育研究団体連合会

事務局/問合先

AIG高校生外交官プログラム事務局
〒130-8560
東京都墨田区錦糸1-2-4 アルカウエスト
電話 03-5819-8288
FAX 03-5619-2559
hsd@highschooldiplomats.org
アクセスマップ