AIU高校生国際交流プログラム
HOME > HSD/渡米プログラム > プログラム報告

AIU高校生国際交流プログラム 実施報告 (2016年度)

7月17日(日)「HSDの世界へ飛び込む日」

HSD2016がいよいよ始まりました!4ヶ月間かけてPresentationやJapanese Festivalの準備を進めてきた参加者たちですが、顔を合わせるのは3月の二次選考以来。集合時は少し緊張した様子の参加者も、アクティビティーを通してすぐに団のみんなと打ち解けているようでした。

結団式では、参列者や保護者、学校関係者の方々の前で、準備期間での取り組みや想いを振り返り、プログラム中の達成目標を宣誓しました。

40人分のアツい気持ちが詰まった、記念すべき30周年HSD2016が笑顔と共に始まりました。Seize the Wind!





7月18日(月・祝)「高校生外交官として自信と期待を持つ日」

事前合宿2日目。今日はPresentationの準備、Discussionの練習など、渡米後に行われるアクティビティーの準備を行い、高校生外交官として渡米する最終準備を完了させました。

全てのアクティビティーに対して真摯に取り組んでいる生徒たちは、きっと明日からのプログラムを実りあるものにする事でしょう。

また、昨年HSD2015、2014に参加した先輩たちから、Presentationに関する最後のアドバイスを頂きました。その後、一緒に取った昼食では、先輩の経験談を聞き、プログラムへの期待に胸を膨らます参加者の姿が印象的でした。

そして、夜には渡米に向けたマインドセットを行いました。明日からの渡米を前に、物/心の準備を全て終わらせることができました。





7月19日 火曜日 - 渡米・ワシントンツアー1日目

17日からの2泊3日の事前合宿を終了し、高校生外交官として強い志を抱いた40名が成田を旅立ちました。そして、約14時間のフライトを経て、期待に胸を膨らませながら米国の地に降り立ちました。

ツアープログラム最初の訪問地は、国会議事堂、第二次世界大戦・朝鮮戦争・ベトナム戦争の各戦争メモリアルとリンカーンメモリアルです。戦争メモリアルでは、歴史の重さをひしひしと肌に感じ、またリンカーンの座像を目の前に興奮する様子も見受けられました。

夕食の後は旅の疲れもあり、皆ベッドへとすぐに身を沈め明日からのプログラムへ備えました。



7月20日 - ワシントンツアー2日目

午前中は、トーマスジェファソンメモリアルと初代大統領ジョージワシントンの生家であるマウント・バーノンを訪れ、米国の建国の歴史を学びました。

その後は圧倒的な蔵書数と歴史を持つ議会図書館を訪れ、午後は米国国務省で職員の方から米国の外交および日米の関係などについて貴重なお話を聞きました。自ら調べてきた知識を活かして、積極的に質問する生徒たちの姿が印象的でした。

夜はジョン・F・ケネディセンターでミュージカル『オペラ座の怪人』を鑑賞し、大充実のDCツアー2日目が終了しました。




7月21日 - ワシントンツアー3日目

ワシントンD.C.ツアー最終日の午前は、多くの大統領や要人が眠るアーリントン国立墓地・米国の国防の要となっているペンタゴン(米国国防省)を訪れました。生徒たちはそのスケールの大きさに驚きながらも意欲的に話を聞いていました。

その後は世界経済の安定化を目的とするIMFを訪れ、ワシントンD.C.最後の訪問地であるウッドソン高校へ。各訪問地で生徒たちは熱心に話を聞き、メモを取っていました。





7月25日 - NY Tour 1日目

NYツアー1日目の今日は、午前中はかつて移民にとっての象徴であったエリス島や自由の女神を見学しました。

午後にはブロードウェーにて活躍される日本人の先輩のワークショップに参加し、身体を動かしながら自分を表現することの大切さを学びました。

その後、映画の撮影地としても有名なセントラルパークを歩きつつNY近代美術館(MoMA)を訪れました。

一日の最後は、タイムズスクエアにあるハードロックカフェの夕食で迎えました。多くの場所への訪問を通じて、世界の中心的な都市としてのニューヨークの力強さを感じました。




7月26日 - NY Tour 2日目

今日はAIG本社、9.11メモリアルミュージアムを訪れました。

スポンサーであるAIG本社の訪問では、AIGが世界において果たしている役割を学ぶとともに、現地で活躍されている日本人職員の方から国際的なキャリアの歩み方を学びました。

9.11メモリアルミュージアムでは、テロの遺品などを目の当たりにし、テロの悲惨さと世界平和の実現の大切さを改めて身近な問題として考えさせられました。昨日とは異なるNYの様々な側面を垣間見て、多くの学びのある日となりました。


7月27日 - NY Tour 3日目、そしてPrincetonへ

NYツアー最終日の今日は、大聖堂の訪問に始まり、その後ハーレムにてボランティア活動を行ない、最後に国際連合を訪れました。

大聖堂では、大聖堂の景観から細部のステンドグラスまで全ての美しさと、巨大なゴシック様式の大聖堂に圧倒されました。

ハーレムの施設では、子ども達にソーラン節や日本文化を披露し、ワークショップを開催しました。

国際連合では、国際協力の在り方や国際連合が現在行っている取り組みについてのお話をお聞きし、国際的な視野を持つことの大切さを感じました。将来国連で働く事を夢に掲げる参加者もいる事から、緊張と期待の高まる訪問となりました。

夕方にはプリンストン大学に到着し、待ちに待ったルームメイトやアメリカ側の参加者と対面しました。日米高校生80人のエクスチェンジプログラムがいよいよ始まります。これからの10日間を共に過ごす仲間達と楽しくウェルカムセレモニーを行ないました。



7月29日 - Princeton 1日目

AIU HIGH SCHOOL DIPLOMATS
エクスチェンジ初めての朝はラジオ体操で始まりました。プリンストン大学内を探検しながらミッションをクリアしていくスカベンジャーハントでは、ルームメートと協力しながら体を動かし絆を深めました。

また午後にはPep Rallyというグループ対抗の競技が行われました。競技を行なっていくなかで、HSDチーム全体の一体感が高まりました。

夜には教育(Education)についてのプレゼンテーションがありました。日米双方のプレゼンテーションを通じて、参加者は教育方針の違いを学びました。




7月30日 - Princeton 2日目

今日はジャパニーズフェスティバルの日です。

午前中はクラスがあり、日本側の参加者はアメリカについて、アメリカ側の参加者は日本について学びました。

午後には地域性(Regional Characteristics)についてのプレゼンテーションが行われました。

プレゼンテーションの後は、日本人に広く知られている遊びである「はないちもんめ」と「スイカ割り」をアメリカの参加者とともに楽しみました。

夜はいよいよジャパニーズフェスティバルです。練習を重ねてきたソーラン節を披露したり、それぞれに用意してきたパフォーマンスを米国側参加者に発表したりと盛りだくさん。その後、それぞれの体験ブースで武道、書道、茶道、和食、昔遊び、伝統芸能など様々な日本文化に触れ楽しんでもらいました。









8月1日 - Princeton 3日目

今日は”Independence Day Extravaganza”、米国の独立記念日のお祭りをイメージした日です。土曜日のため午前中授業はなく、その時間を使って社会問題(Social Issues)に関してのプレゼンテーションを日米の生徒がお互いに行いました。

午後はラインダンスやバーベキュー等様々なアクティビティーを通して日本側参加者はアメリカの文化について学びました。





8月1日 - Princeton 4日目

日曜日の今日はフリーデイです。ルームメイトや仲間と共に朝からそれぞれ自由に思い思いの時間を過ごしました。教会へ行く人や、いつもより少しゆっくり寝る人、朝食を食べにプリンストンの街に出かける人と様々な過ごし方をしていました。

夜はデートナイト。男の子も女の子もお洒落をして、それぞれのパートナーと記念撮影とディナーを楽しみました。そしてその後はダンスパーティーへ。女性をエスコートするのに慣れていない男の子は、初めはぎこちない様子でしたが、だんだんと慣れ、日本では体験した事のないアメリカのプロムのような体験をする事ができました。










8月3日 -Princeton 5日目

今日はディプロマット・トークというディスカッションがメインアクティビティーの日でした。日米から選抜された高校生外交官として、いくつかのトピックについて熱く議論を交わしました。80人の生徒全員で平和な世界、理想の社会について考えました。

夜はカラオケナイトというイベントが行なわれました。得意の歌を披露したり、皆で同じ歌を歌ったりと、楽しい夜を過ごしました。




8月2日 - Princeton 6日目

今日はDay of Thanksがテーマの日です。午前中はクラス、そして午後にはミュージックリサイタルが行われました。生徒たちは、自分たちの秘めた音楽の才能を歌や楽器演奏で披露してくれました。
Day of Thanks Activityでは、アメリカのThanksgiving dayの伝統的な食事を取り、また日米の祝日を比べあいました。また、ボランティアの一環としてブランケットを作成し、Project Linusという団体へ寄付を行いました。

夜は、中間ミーティングを行い、これまでの行動を振り返りました。ついに残り3日となってしまったエクスチェンジパートでさらに「風」をつかむため、個人として・団として何をすべきか考え、話し合いました。





8月3日 - Princeton 7日目

今日はハロウィンデーです。午前中はクラス、午後は政治(Government)に関するプレゼンテーションをしました。

そして夜はハロウィンです。オリジナリティ溢れる様々な衣装を着て、パレードして楽しみます。夕食後はホラー映画を見たり、お化け屋敷を楽しんだりと、熱い夜になりました。







8月5日 - Princeton 8日目

AIU HIGH SCHOOL DIPLOMATS
今日はHSDオリンピックの日です。午前中クラスをし、その後グループに分かれてディスカッションを行いました。一筋縄では答えられない質問に困惑しながらも、深く考えられた回答で、よりそれぞれの人間性を知れたようでした。

午後にはフィールドにて、ドッヂボール、サッカー、キックボール等のスポーツ大会をしました。それぞれが汗を流しながら勝利を目指して必死でした。

夜は待望のタレントショーです。歌あり、ダンスあり、ラップありで隠れた才能でお互いを魅了しあいました。








8月8日 - Princeton 9日目

今日はプリンストン大学でのエクスチェンジの最後の日となります。午前中は各日本語、英語クラスでの成果を発表し、みんなで輪になって日本の夏の風物詩である盆踊りをしました。

プログラムアクティビティでは、Jグループごとに輪になり、ルームメイト以外の仲間に感謝を伝えて、モールをパスするゲームを行い、その後、アメリカでの最後のリフレクションミーティングを行いました。

夜はフェアウェルパーティーです。
みんな正装をし、胸を張って最後の式に臨みます。代表生徒が感謝のスピーチをしたり、ミスター&ミスアメリカ/ジャパンが選ばれて記念撮影をしたりしながら、今までの大切な一瞬一瞬を振り返ります。高校生外交官として日米両国旗をルームメイト同士で交換し、プログラム修了書を授与しました。共に過ごしたルームメイトとの最後の夜、夢を語り、成長した姿での再会を誓い合いました。



8月8日 -「HSDから未来への一歩を踏み出す日」

HSD2016最終日には、AIU役員、参加者保護者と学校関係者様をお招きし、帰国報告会を行いました。参加者は、3週間前に結団式で宣誓した目標を振り返り、米国でのエピソード、感想等を報告しました。最後に、HSDが自分たちにとって、どのような意義のあるものであったか、それを未来にどう繋げていくかを考え、3週間をともにした仲間に共有しました。

12時45分 全ての日程を終え解散し、参加者は、未来への希望を胸に帰郷いたしました。

 

以上がHSD2016の経過報告でした。
ありがとうございました。
AIU高校生国際交流プログラム事務局

上に戻る
プログラム参加費用は無料!あなたを飛躍させる”高校生外交官”プログラム
資料請求・お問合せ

【主催】
AIU高校生国際交流プログラム実行委員会
【協賛】
AIU損害保険株式会社・フリーマン財団
【協力】
The National Association of Japan-America Societies
【推薦】
全国高等学校長協会・日本私立中学高等学校連合会
【後援】
文部科学省(第31回AIU高校生国際交流プログラム、第24回AIU米国高校生国際交流プログラム後援)・米国大使館・全国高等学校PTA連合会・日本私立小学校中学校高等学校保護者会連合会・全国英語教育研究団体連合会

事務局/問い合わせ先

AIU高校生国際交流プログラム事務局
〒130-8560
東京都墨田区錦糸1-2-4 アルカウエスト
電話 03-5819-8288
FAX 03-5619-2559
hsd@highschooldiplomats.org
アクセスマップ

携帯サイト

AIU高校生
国際交流プログラム

左記QRコードを読み取ってアクセスできます。